男の人

男の悩み|発毛の悩みはシャンプーの見直しから

薄くなる原因

髪の毛

髪の毛が薄毛になる多くの原因は、遺伝性だといわれています。そのため、親が薄毛の場合は自分も薄毛になると諦めてしまう人は多いです。しかし、薄毛の原因は遺伝だけではありません。人が薄毛になる理由は、栄養分の不足やホルモンバランスの乱れなど、様々な要因で遺伝性じゃなくても薄毛になる可能性があります。そのため、もしかしたら他のことが原因で薄毛になっている可能性があるので、それら問題をしっかりと把握し、自分に思い当たるフシがないかどうかチェックしていきましょう。
薄毛になる原因で多いのは、ホルモンバランスの乱れです。これは、普段の生活リズムが狂っている人に多く現れます。具体的には、睡眠不足だったり、ストレスの多い生活でイライラすることが多かったりといった、日頃から不健康な人はホルモンバランスが崩れやすいといわれています。そして、ホルモンバランスが崩れることにより頭髪に悪影響が出ます。解決策としては規則正しい生活をしてなるべくストレスフリーな生活をおくるということです。また、食生活の乱れも同様に大きく影響します。脂質が多いものばかりを食べていると頭皮の毛穴が油で詰まりやすくなるため薄毛になるといわれています。そのため、まずは栄養バランスの良い食事を取るのが重要です。またシャンプーでこまめに頭皮のケアも行いましょう。シャンプーの中には育毛効果があるシャンプーもあるので通販サイトなどでシャンプーを探すのも良いかもしれません。なお、髪の毛に必要な栄養素はミネラルとタンパク質です。